肌がきれいなので嬉しく洗っている女性

ニキビが出来てしまうと憂鬱な気持ちになりますよね。出来る部位や色によってもさまざまな種類があるのを知っていますか。種類が違えば、処置方法もそれぞれです。ニキビの段階は大きく分けて3段階あり、見分けるポイントは色です。

まずはじめに、最も軽度なのは白ニキビです。これは毛穴に汚れや角質が詰まっている状態を示します。肌に白くポツポツとした突起物が見られることがあります。単に毛穴が飽和している段階なので、炎症は起こしていません。そのため毛穴を清潔に保つことで改善出来ます。綺麗な毛穴環境を整えることが最善だと言えます。丁寧な洗顔を心がけて適度な保湿をすることが最善の処置です。また、食生活に関しても乱れを感じている場合はフルーツなどのビタミンを多めに摂取するようにしましょう。日常生活の見直しが初期段階の白ニキビを悪化させない方法です。

次に、炎症を伴う赤ニキビです。毛穴の中でアクネ菌が増殖して炎症を起こしている状態と言われています。また、外からの雑菌と戦うために白血球が集合しています。そのため、誤った処置をすると飛び火して周辺にも広がってしまうことがあるかもしれません。赤ニキビは炎症を抑えることが最優先でしょう。専用のスキンケアグッズに変えたり、医薬品を取り入れたりと医療の力に頼るのも1つの手です。ニキビに効く成分が配合されているアイテムを使うことで腫れを効率良く鎮静化出来る可能性が高まります。また、極力刺激を与えない努力が必要になります。ファンデーションなどのメイクは控えるのが賢明です。

最後に、毛穴の内部で膿が溜まっている黄ニキビです。雑菌と戦った白血球の死骸が膿に変わっているのでこのようになっています。パッと見ても大きな袋が出来ているため目立ちます。黄ニキビは最も症状が酷いので皮膚科に行くことをおすすめします。的確な処置をすることが何より重要です。メイクを控えるのはもちろんのこと、メイク落としに関してもオイルタイプは洗い残しがあるとニキビを助長します。クリームやジェルタイプに切り替えて油分を減らずようにしましょう。放っておいたり、膿を出そうとしたりすると毛穴がへこんだ大きなクレーターのような跡が出来てしまうことが懸念されます。独断ではなくプロに指示を仰ぐのが良いでしょう。

白色は清潔な毛穴環境を整えること、赤色は炎症を抑えること、黄色は後に残さないためにすること。段階によってそれぞれ処置方法にポイントがあります。是非参考にしてみてください。